援交の主役はお金

援交募集の主役は誰でしょうか?女子高生?と思うかもしれません。

確かに選択権は女性側にありますので、男性の方がお金を払う客とはいえ立場が低いように感じます。

しかしやっぱり援交募集の主役は女子高生ではなくお金なのです。

なぜならお金がなくては援交募集は成立しないですよね。

いくら女子高生がセックスなんてたいした事ないと考えていたとしてもお金をもらわずにオジサンとセックスしたいという女性はいないでしょう。

それならいくらならオジサンとセックス出来るのか?というと時給に換算すると1万5千円以上ならセックスしてもいいというボーダーラインになりそうです。

そのため援交募集の相場は1.5万円~3万円にプラスホテル代という形になります。

バブルの時代ならその金額も負担ではありませんでしたが、不景気の今この金額を援交募集を払うのは大変だ・・・・という男性も少なくないでしょう。

それでも少ないお小遣いをやりくりしながらでも援交募集をするという人は多いのです。

普段の自分ではセックス出来ないような若くて可愛い女の子とセックスが出来るという魅力にはあがなえないのでしょう。

女性側も同じく不景気のため割のいいアルバイトが激減しましたよね。

そこで援交募集で稼ごうという人もいるでしょう。

援交募集をする人は口をそろえてこう言います「セックスなんて減るものじゃないし、自分の身体で稼ぐ事の何が悪いの?」そんな問いにあなたは何と答えますか?

どんな人が援交する?

援交募集はお金を払う男性とお金をもらう女性によって成立した関係です。

援交募集が一気に広まった要因は出会い系サイトでしょう。

出会い系サイトによって簡単に相手を見つけられるようになったからです。

ではそんな援交募集ですが、男性と女性どっちの立場が上なのでしょう。

当然お金を払う男性が客なので男性に主導権がある・・・・・と思われがちですが、例えば援交募集が組織的に行われているケースもあります。

バックにヤクザがついていてシマが存在しマージンを貰うかわりに厄介な客やお金を支払わない客がいたときにヤクザに対応を任せるというわけです。

男性と女性だとどうしても男性の力には女性は叶いませんから、そうゆう意味で保険は必要なのでしょう。

ですから男性もお金を支払ったんだから、何をしてもいいんだろう?的な態度はよくありません。

確かにお金を支払ったんだからセックスをするのは正当な権利といってもいいのかもしれませんが、例えば生はNGだったり、フェラをするのは追加料金が必要だったりと、そのあたりはまるで風俗のような料金体性なのかもしれませんね。

女性の方も若さゆえの無鉄砲さがあるのかもしれません。

後ろ盾は何もなく、自分の若くて自信のある身体1つで大金を稼ぐ・・・・なんて女性もいるかもしれませんが、出会い系サイトはどんな男性が利用しているのかなんて分かりませんよね。

中には出会い系サイトで知り合った女性をホテルで殺害なんて事件が起きたり、監禁や盗撮をしたり、そんなトラブルに巻き込まれるという可能性がある事ぐらいは把握しておいて下さいね。

自分の身を守るのはあくまで自分自身なのです。