援交の主役はお金

援交募集の主役は誰でしょうか?女子高生?と思うかもしれません。

確かに選択権は女性側にありますので、男性の方がお金を払う客とはいえ立場が低いように感じます。

しかしやっぱり援交募集の主役は女子高生ではなくお金なのです。

なぜならお金がなくては援交募集は成立しないですよね。

いくら女子高生がセックスなんてたいした事ないと考えていたとしてもお金をもらわずにオジサンとセックスしたいという女性はいないでしょう。

それならいくらならオジサンとセックス出来るのか?というと時給に換算すると1万5千円以上ならセックスしてもいいというボーダーラインになりそうです。

そのため援交募集の相場は1.5万円~3万円にプラスホテル代という形になります。

バブルの時代ならその金額も負担ではありませんでしたが、不景気の今この金額を援交募集を払うのは大変だ・・・・という男性も少なくないでしょう。

それでも少ないお小遣いをやりくりしながらでも援交募集をするという人は多いのです。

普段の自分ではセックス出来ないような若くて可愛い女の子とセックスが出来るという魅力にはあがなえないのでしょう。

女性側も同じく不景気のため割のいいアルバイトが激減しましたよね。

そこで援交募集で稼ごうという人もいるでしょう。

援交募集をする人は口をそろえてこう言います「セックスなんて減るものじゃないし、自分の身体で稼ぐ事の何が悪いの?」そんな問いにあなたは何と答えますか?

援交募集での暗号

援交募集サイトの掲示板には「ホ別3」といった、暗号のような書き込みがたくさん見つかります。

これは身体を売る条件を暗号化しているもので、「ホテル代は別、3万円」という意味です。

1万円は「ゆきち」とも表現されることもあり、3万円なら「ゆきち3」と書かれていることもあります。

わざわざ「ホテル代は別」と書くことは、援交募集の世界では大きな意味があります。

援交募集をしていると、売り手の少女達に対して、大人のずるい交渉をしてくる客がいるのです。

最初は「3万円でどう?」という話だったのに、事が終わってしまえば、ホテル代を差し引いた2万5千円しか渡さないということは、良く聞く話です。

このときの相手の言い分は大概決まっています。

「ホテル代別なんて、高すぎるでしょ?ぼったくり?」と、女の子を責めるに決まっているのです。

そもそもお金をもっていない男ほど、こうやって女の子の身体を値切ろうとするものです。

そういったずるい大人に引っかからない為にも、最初に「ホテル代別」と宣言しておくのは大切です。

身体を売るだけでも大変なリスクなのに、更に値切られるようでは自分の価値を下げるのと同じです。

もし値切られて、約束通りの金額をもらえなければ、相手の財布や携帯を奪って逃げましょう。

そのまま警察に「強姦された」と駆け込んでやればいいのです。

援交でもらえる金額

女子高生の援交募集で貰う金額の相場は、だいたい1~3万円だと言われています。

この金額は、男性の方から「いくら?」と聞かれて女子高生の方が決めるのですが、ここで「1万円でどう?」と聞いてくる男性もたくさんいます。

もちろん、男性は1万円は相場の最低額だと知っていて聞いてくるのです。

そこで女の子の方から「3万円しかダメ」と言えば、すんなり2万円プラスしてもらえたりするものです。

援交募集をするからには、自分の価値を下げる必要はないですし、男性の中には異常に低価格で交渉してくる人もいます。

しかし、その程度の金額で身体を売るようなことをしてはいけないのです。

最低でも3万円。

「いくら欲しいの?」と聞かれれば100万円でも1千万とでも言っていいのです。

援交募集は全てが自己責任です。

自分の価値を上げるのも自分、下げるのも自分です。

もし自分で金額を下げてしまえば、それだけ価値の低い人間だと自分で作り上げてしまうのです。

謙虚なつもりが、最終的には自分で自分をつぶすことになります。

不景気が続く現代ですから、人はお金を出す価値があるか?を判断し、有効的にお金を使おうとします。

お金を出す価値のある女性を自分で作り上げなければ、援交募集では儲けられません。